私って一体何なのかしら

「うわ〜、キッタネェ〜。いってぇ〜なんなんだよ〜、この女」って言う罵声が私の上を通り過ぎていく。
酔っ払って、道端に寝っ転がるしか、今の私にはできない。
おまけに、断続的にこみあげてくるものが喉元をとおって、逆流して、そのまま道端に溢れ出てくる。
それを見て、さっきの男子達は私に罵声をあびせたというわけ。
でも、好きでこうなったんじゃない、とは言えない部分もあるか。
なんてったて、やけ酒だからね。
私は一昨日、いきなり彼にさよならを言われたの。
全く理由が思い当たらないし、いくら聞いても彼は「すまない、俺の我が儘だから、希美子には落ち度はない。本当にすまない」って言うだけ。
私は一晩泣き明かしたわ。
そして、昨日は1日何にも出来なかったわ。会社も休んじゃったしね。
それで、今日は昼間っから飲みっぱなしで、いま、こんなになっちゃったの。「君、大丈夫かな?こんなところで寝ちゃ〜、この気温じゃ凍死してしまう。
辛いだろうけれど、さあ、起きて。僕が送っていくから、家はどこかな?」って、優しく声をかけてくれた人がいた。
「すいません。でも、死んじゃいたいから放っておいてください」って私が言うと、「そんなことを聞いたら、よけに放っておくわけにはいかないだろう。
さあ、起きて。
僕の肩に掴まって・・・」私は、その人に起こされて、肩を借りる形になって歩き出した。
その人の匂いなのか、とても安心できる匂いが私の鼻腔を満たして、なんだかフンワリとした気持ちになってきたわ。
彼に連れられて、私は自分の部屋に戻ってきたみたい。
彼が私をソファーに寝かしてくれて、汚れたジャケットを脱がして、そっと毛布を掛けてくれたわ。
キッチンからいい匂いがして来たと思ったら、コーヒーの匂いだったわ。
「悪いけれど、勝手にコーヒーを入れさせてもらった。
いい豆を使っているね。飲めそうだったら、君も飲んでみる?少しはさっぱりするかも知れないからね」そう言われて、少しは動けるようになった私は、その人の入れたコーヒーを飲んだわ。
美味しかった、ほんとに美味しかった。その美味しさに、涙が出てきちゃった。
「大丈夫そうだね、それではコーヒーを御馳走様。私はこれで帰るからね。
風邪をひかないようにして寝てくれ」と言って、その人は自分のコートを手に取ると、帰り支度を始めたわ。「待ってください、ろくに俺いも申し上げられないで・・・お名前と連絡先を教えてください。
どうかお願いします。このまま、いかないでください・・・・・」と、私は言ってしまった。
もしかしたら、何かを期待しているのかも知れない私って、一体何なのかしらね・・・・・・

下手な鉄砲数打ち当たる

健康であることは大切ですが、健康であれば当然のように性欲も出てきます。
この性欲を溜め込んでも仕方が無いので、発散しようと思うでしょうが、その相手を簡単に見つけられる人はいいでしょう。
大抵の人は性欲を好きに発散できるような相手がいないので、結局溜め込んでしまうことが多いのです。
恋人がいるからといって、こちらの都合に合うわけではありませんから、多少の我慢が必要になるでしょう。
そういった我慢を少しもしたくないという場合には「セフレ」を作るといいかもしれません。
既にセフレを欲しいと思っている人もいるでしょうが、恋人がいるから遠慮しているという人もいると思います。
恋人がいない人もセフレには興味を持つでしょうし、出来れば作りたいと思っているでしょう。
セフレがいてくれれば、我慢せずに性欲の発散が出来るようになるのです。
ですがそのセフレを探してみても、簡単に見つからないので探すこともしていない人が多いと思います。
セフレになってくれそうな人かどうか、簡単に見分けが付くことはありませんから、声をかけるのも難しいのです。
実際に声をかけてしまえば、それがセフレの誘いでは変態扱いを受けてしまうでしょう。
セフレを欲しい人は、下手に周囲の人間から探すのでは無く、出会い系サイトで探した方がいいのです。
出会い系サイトの中ならば、セフレに対する理解のある人も多いので、変態と思われたりはしないで済むのです。