車を売る時は相場の流れも見よう

MENU

車売却時期は相場の流れを見ること

新車で購入した自動車は、いつか売却する時が来ます。

 

その際には、少しでも高く車売却したいと多くの人が思うことでしょう。しかし、車売却のタイミングによっては、買取価格が大きな変わってしまうことがあるの要注意です。たとえば、買取相場に動きを見てみると、年々買取相場は緩やかに減少していくのですが、その減少幅が急に大きくなる時期があるのです。

 

それは新車がモデルチェンジしたときです。その瞬間から売却したい自動車は旧型になってしまいます。消費者の関心は新型に向けられるようになるので、買取価格を大きく下げてしまうのです。そのため、フルモデルチェンジの前に車売却するのが得策です。

 

しかし、逆に1年を通して相場が上がるときがあります。それは3月やボーナスシーズンです。3月やボーナスシーズンは中古車がよく売れる時期なので、中古車販売店は在庫を増やす必要があり、通常よりも買取価格が高めになりやすいのです。車売却時期としてベストと言えます。

 

 

ただ、車種によって年数が経過してもあまり買取価格が大きく下落しないタイプと、急激に下落してしまうタイプがあります。

 

この違いは、需要の差が影響しています。需要が多い中古車、言い換えれば人気がある中古車は、年式が古くなっても急激に買取価格が下落することはありません。車両価格を高くしても売れるからです。

 

それに対して、需要が少ない人気がない中古車は、安くしないと売れないので下落幅が大きくなるのです。