車買取りに必要な書類を考える

MENU

車買取りの必要書類について

車買取りについて必要書類はまずは売買契約書または引き取り契約書と呼ばれる業者側が用意している書類があります。
売主、買主がそれぞれ署名捺印する正規な書類です。
これにはその金額やそれ以外の重要な記載がされています。

 

次に、自動車検査証いわゆる検査証です。
もし紛失等していれば再発行の手続きを管轄する陸運局で行う必要があります。
他には所有者の印鑑証明が必要であり、もしまだ売る車のローンが残っている場合は所有権を留保されている場合がほとんどなので車のローンを支払い終わらないと印鑑証明が取れませんから、売却できないことになります。

 

車買取りにはこのように様々な書類が必要であり、人によってそろえるべき書類が異なることもあります。
車買取りを行う業者側でどういった必要書類があるのかを一覧表のような形で示してくれる場合もありますから、そのあたりのことを業者側によく確認することが大切です。

 

また、すべての業者で必要とされるわけではありませんが、自動車税の納税証明書、完納証明書が必要な場合もありますし、その自動車税の還付先を自動車買取業者に変更するための指名債権譲渡を呼ばれる書類に署名捺印を求めてくる場合もあります。

 

車買取口コミ